アヤナスに副作用はあるの?アトピーでも使える?

アヤナスに副作用はあるの?アトピーでも使える?

敏感肌の人は化粧水を使うだけでヒリヒリしたり悩んでいます。

アヤナスはそんな敏感肌の方でも安心して使えるように開発された基礎化粧品です。

では、アトピー性皮膚炎の方は使えるのでしょうか?

調べてみました。

アヤナスをアトピー性皮膚炎の方はつかっている?

アットコスメを参考にして調べてみました。


アトピー性皮膚炎のため、ずっとオルビスの化粧水を使っていました。友達から同じポーラ系であるディセンシアのアヤナスが良いときいたので使用を始めました。半年使用しましたがたまにかゆみや赤みが出ていたので使用をやめました。体質や肌のにもよると思いまうすが、私はアヤナスよりオルビスの方が肌への負担は少ないと思いました。なのでアヤナスは解約してオルビスの方へ戻しました。

37歳 アトピー肌


昔からアトピー性皮膚炎で悩まされていました。たまたま雑誌でアヤナスが紹介されていたので試しにつかってみることに。今までいろいろな化粧品を試してみましたがどれもあわなかったので期待はしていませんでしたが、アヤナスはアトピーがひどい時でもしみるたりヒリヒリすることもなくしっかり保湿しれくれます。42歳 アトピー肌


ディセンシアは、ポーラ研究所と共同で敏感肌について研究をし幾度の失敗を重ねてやっと完成した敏感肌用の化粧品です。

アヤナスはその中でもエイジングケアも同時にできる基礎化粧品として開発されました。

もちろんアヤナスもお肌に優しく作っていますがアトピー性皮膚炎を持ってる人も普通肌の方も
お肌に合わず肌トラブルに繋がることは少なからずあります。

普通肌の方でも、食物・植物等の天然成分で反応する人もいます。

いくらアヤナスがお肌に優しくつくっていても何が反応して刺激になるかはかなり個人差があるので絶対に刺激がないということはできませんよね、ただ上記の口コミでもわかるようにアトピー肌の人でも問題なくアヤナスを使っている方もいます。

しかし、アトピー性皮膚炎を持っている人は普通肌の人よりも反応しやすくなっているので、使用前にはパッチテストを行ってからの使用をオススメします。

アヤナスに副作用はないの?

アヤナスは「アルコール&合成香料不使用」で作られています。

スキンケア製品でいうアルコールはエタノールのことですが、主な目的は製品の防腐効果や肌にのせたときの清涼感などを出すためです。

なので一見肌に良さそう!と思ってしまうそうなそうな成分ですが、アルコールは敏感肌や乾燥肌の人にとっては、ピリピリと刺激したり皮膚が乾燥しすぎたりと感じてしまう場合があります。

いくら肌にとって良い効果があったとしても副作用が現れてしまうのであれば意味がありませんね。

合成香料は天然物から取り出したものと、化学的に合成して作られたものの2種類があります。

化学的に合成して作られたものは、スキンケア製品に配合されていた場合アレルギー反応を引き起こしてしまう物質として有名です。

私たちが想像している以上に香りは肌にとってプラスに働くことは多いですが、その半面副作用や安全性に気をつけなければいけません

アヤナスには天然由来の植物エキスを厳選して配合しています。使ってみた人はもれなくゼラニウムとラベンダーによるリラックス効果を体感することができるでしょう。

1sono

コメントは受け付けていません。